デリケートゾーン 黒ずみ 皮膚科

MENU

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科で良くなる?

デリケートゾーンの黒ずみは皮膚科でも治療することが出来るのでしょうか?皮膚科って、皮膚専門の病院なので、デリケートゾーンの黒ずみについてもしっかりと治すことが出来そうですよね。でも、皮膚科と言っても美容皮膚科などがありますが、どこの皮膚科に行けばデリケートゾーンの黒ずみは除去できるのでしょうか?

 

ここでは、黒ずみケアに関することの中でも、皮膚科の治療についてご紹介いたします。

 

デリケートゾーンの黒ずみに対応する皮膚科

デリケートゾーンの黒ずみについては、皮膚科でも美容皮膚科でも両方対応してくれますが、皮膚科で治療出来るのはメラニンが肌に残ってしまった時だけの治療法になります。つまり、日焼けで黒ずみが出来てしまった時だけの治療になるということです。

 

でも、デリケートゾーンの黒ずみって他にも色々な原因がありますよね。衣類の摩擦などでも黒ずみが出来ますが、ではこのような黒ずみについてはどこで治療するのかというと、美容皮膚科が専門になります。

皮膚科と美容皮膚科の治療の違い

まず、皮膚科の場合の治療は、メラニンを抑えるだけの塗り薬での治療になります。大体、多くの皮膚科ではハイドロキノンという肌の漂白剤ともいわれる美白効果の高い塗り薬が処方されます。

 

美容皮膚科の場合には、塗り薬以外にも、ピーリングやレーザー治療が可能です。しかし、一回できれいになることはありませんので、数回通い続けることが必要になります。

一番初めにするならどれ?

では、デリケートゾーンの黒ずみが気になった時に一番初めに行うと良いものはどれかと言いますと、まずは皮膚科で相談をしてから美容皮膚科へと移行していった方が良いでしょう。

 

特に美容皮膚科で行われているピーリングについては治療費がとても高いので、あまりおすすめしない方法となっています。

 

一番安く済む方法としては、ハイドロキノンを皮膚科で処方してもらうことが安いです。また、自宅でもデリケートゾーンの黒ずみケアが出来る商品がありますので、ハイドロキノンである程度黒ずみがきれいになってきたら、自宅でも出来る商品を購入して自分で行った方がより安くすみます。

デリケートゾーンの黒ずみケアに関するまとめ

デリケートゾーンの黒ずみについては、皮膚科でも美容皮膚科でも両方出来るということが分かりました。皮膚科については、日焼けによるメラニンを抑える塗り薬が処方されるだけのことが多いです。

 

美容皮膚科では、その他にもピーリングやレーザー治療がありますが、値段が皮膚科よりも高くなる傾向があります。中でもピーリングは治療費が高いことが知られていますので、まずは皮膚科で相談することがおすすめです。

 

そして、黒ずみケア商品については、自宅でも出来るアイテムがありますので、ある程度黒ずみが除去出来たら自宅で出来る商品にチェンジすることもおすすめです。この方法が一番お金をかけずに済む方法です。